秋田大富豪川柳

秋田大富豪川柳

 (「8」から続き) トランプ大会「大富豪なう。」の自粛中、「何かちょっとしたことを」と6月~7月、ウェブイベント「大富豪川柳」を開催した。お題は「秋田名物」または「大富豪」。

 入選はいずれも、「大富豪」のルールや「なまはげ印の大富豪トランプ」を上手に扱った作品でした。

【大富豪賞】敗けたけど ババヘラ発見 勝ちほこる (秋田市 Y様)
*「大富豪トランプ」のカードイラストには、いくつもの「秋田名物」が描かれています。しかも、ぱっと見では気が付かない細かなものも。そのようなイラストを発見したときのちょっとした喜びが表現されていました。

【富豪賞】なりたいな トランプだけでも 大富豪 (秋田市 Y様)
*非常にストレートで、わかりやすかった点が高く評価されました。

【平民賞】切り札が 残ってしまい 禁じ手に (秋田市 T様)
*大富豪のルールには「反則上がり」があります。ゲーム展開上、「切り札」(切り札になる「8」「2」「ジョーカー」などを最後までのコスト反則上がりにもなってしまう)として温存していたカードをうっかり手札に残してしまうこと、ありますね。

【平民賞】あねこ虫 ここでおまえに 会おうとは (秋田市 S様)
*秋田県地方などで呼ばれる「あねこ虫」とは、「カメムシ」のこと。大富豪トランプの「3」のカードには「あねこ虫」のイラストが描かれています。大富豪のルール上、「3」は一番弱いカードですが、「革命」時や「秋田犬リバース」(ジャックリバース/11バック)時には最強カードに化けます。そんな扱いの難しい「3」が上手に表現されていました。

秋田・大富豪川柳 秋田・大富豪川柳 秋田・大富豪川柳

秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 10へ続く

>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 8
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 7
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 6
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 5
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 4
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 3
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 2
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 1

【関連記事】
>> 「大富豪川柳」入選作品発表!(2011年7月29日)
>> 「大富豪川柳」大募集!(2011年6月18日)