岩手県大船渡

岩手県大船渡

 (「7」から続き) 2010年9月以来、月1~2回ペースで開いていたトランプ大会「大富豪なう。」も2月27日の「秋田・広面一の大富豪決定戦」後、しばらく中断することとした。3月11日、東日本大地震が起きたためだ。さすがにトランプゲーム会を開くことははばかれたし、そうではなくても、当時の誰もがそうであったように、とても遊ぶような気分にはなれなかった。

 >> 大富豪トランプゲーム大会中止のお知らせ(2011年3月16日)

 当研究所でも何か被災地支援になるようなことをできないかと、「大富豪」とは名ばかりの微力ながら、いくつかの支援活動も行った。

■1)義援金の募金
 トランプ販売収益の5%を目安に被災地向け募金に充てることとした。ただ、「秋田土産」の位置づけの当商品は、東北への観光客が激減したこの時期には売上が全く上がらなくなった。それでも、これまでに2万円ほどは募金に充てさせていただいた。

■2)避難者向けにトランプの提供
 秋田県外から秋田県内で避難生活に余儀なくされている子どもを持つ世帯を対象にトランプを無償提供した。地元の子育てサークルのネットワークに協力いただいて実施。
 >> 秋田県内で避難生活を送られている皆様へ(2011年4月2日)
 >> 秋田のご当地トランプ、無償提供へ-避難生活中の世帯対象に(秋田経済新聞/2011年04月12日)

■3)被災地の子どもへお見舞い
 友人のKさんのお申し出もあって、岩手県大船渡で被災した子どもへトランプをお見舞いとして届けた。子どもの笑顔に胸を打たれた(写真上/撮影Kさん)。
 >> 大富豪トランプ ~ 岩手県大船渡へ(2011年6月19日)

 一方、当研究所の企画開発部では、「大富豪専用トランプ」シリーズ第2弾の制作準備も始めた。

秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 9へ続く

>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 7
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 6
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 5
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 4
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 3
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 2
>> 秋田発「大富豪専用トランプ」の歴史 – 1